ピンキープラス 豆乳

ピンキープラスは豆乳を合わせて飲むと危険?!

 

スーパーなどで普通に売られている「豆乳」は女性ホルモンを活性化するサポートもすることで知られています。

 

そのため、ピンキープラスとの併用はバストケアにより効果的なのか、それともやめたほうがいいのか、迷っている声が聞かれます。

 

ここでは、バストアップサプリとの危険な飲み合わせやピンキープラスだからこそのおすすめの飲み方を説明します。

 

 

 

プエラリア配合バストアップサプリの場合はあぶない?!

 

プエラリア配合のバストアップサプリは生理不順などの副作用がある?!

 

バストケアサプリのほとんどは、プエラリアミリフィカが配合されています。

 

しかし、プエラリアは女性ホルモンを直接的に刺激することから、生理不順などの副作用を起こす人もいます。

 

また、このような事例があるために「バストアップしたいけどプエラリアだけは飲みたくない」という人も少なくありません。

 

 

先ほど「豆乳も女性ホルモンを活性化させる」と説明しましたが、実際に豆乳だけで生理が遅れたという人もいます。
(もちろん個人差はあります)

 

ここにプエラリアを合わせると、さらなる副作用を起こしかねません。

 

そうするとバストケアどころではなくなります。

 

 

あくまでも基本は「身体全体の健康」です。

 

その上でバストケアをおこなわないと、胸も肌も身体もボロボロになってしまうので注意しましょう。

 

 

 

危険性を減らすおすすめの飲み方

 

ピンキープラスの場合は、配合される成分にプエラリアは入っていません。

 

主成分にブラックコホシュが選ばれています。

 

それを補助する形で吸収を助ける発酵ウコンや、日々の生活リズムを整えるバレリアンやロディオラロゼアが配合されています。

 

ですから、生理中でも特に気にせずにサプリを飲んでいる人も多いですね。

 

 

ただし、ここでも個人差がありますので、片方ずつ飲んでみることをおすすめします。

 

たとえば、生理前や生理中に豆乳を飲んでみて何も影響がなければ特に問題ないということになります。

 

次に、豆乳を飲むのをやめて、今度はピンキープラスだけ生理のときに飲んでみます。

 

ここでも何も影響がなければサプリは大丈夫ということになります。

 

つまり、片方ずつならばホルモンへ与える影響は大きくないということですね。

 

 

ここではじめて、ピンキープラスを豆乳と合わせて摂取してどうなるか試せるという段階になります。

 

ただ、個人差があるとは言え、両方ともホルモンに多少なりとも影響は与えてしまうため、おすすめの飲み方としては、「1日の中で時間帯をずらす」ことです。

 

ピンキープラスは栄養補助食品ですので、いつ飲んでも大丈夫ですが、できれば睡眠中の成長&リラックスタイムに成分を吸収させたいので、寝る前がいいでしょう。

 

そうした場合、豆乳を飲むのは朝食時やランチの時間帯がおすすめということになります。

 

 

このように、まずは身体に与える影響を確認して、そして時間帯をずらして飲むことをおすすめします。

 

ピンキープラスの詳細はこちら