ハニーココの副作用とは?

ハニーココの副作用とは?

 

ハニーココの副作用とは?

 

 

サプリメントで気になるのが「副作用」

 

ハニーココにはプエラリア・ミリフィカや大豆イソフラボンをはじめ、Wには美容サポート関係の、Dにはダイエットサポート関係の成分が配合されています。

 

それらの成分を摂取すると、まれにですが副作用がでる場合もあるようです。

 

 

ハニーココWとDに配合

プエラリア・ミリフィカと大豆イソフラボンの副作用

 

両方とも女性ホルモンに作用する成分です。

 

そのため、ホルモン分泌量が十分な10代で大量に摂取してしまうと、ホルモンバランスがくずれてしまい、生理不順や肌荒れ状態になる場合もあります。

 

生理中や妊娠中、授乳中も摂取はやめたほうがいいでしょう。

 

 

ハニーココWに配合

プラセンタの副作用

 

アトピー性皮膚炎の人が摂取した場合、湿疹等がでる場合があります。

 

また、プラセンタにアレルギーを持っている人は摂取を控えたほうがいいでしょう。

 

 

コエンザイムQ10の副作用

 

頭痛や腹痛を起こす場合もあるという報告があります。

 

また、血圧関係の薬を飲んでいる人は摂取を避けたほうがいいでしょう。

 

 

ローズヒップの副作用

 

過剰摂取することで、下痢や胸焼けなどの症状が起きる場合があります。

 

 

ハニーココDに配合

コレウスフォルスコリの副作用

 

科学的には証明されていませんが、人によっては生理サイクルが変わったなどの報告があります。

 

また、飲み過ぎて下痢になる例もあるので、適度な服用が大切です。

 

 

キャンドルブッシュの副作用

 

過剰摂取によって腹痛や発疹が出る場合があると報告されています。

 

また過剰摂取を続けることで排便力が弱まってしまう場合もあります。

 

 

Lカルニチンの副作用

 

胸焼けや下痢をすることがあります。

 

 

副作用はまれケースですが、ハニーココを摂取するときは、

 

  • 適切な量を服用し、過剰摂取しないこと
  •  

  • サプリだけに頼らずバランスの取れた食事をとること
  •  

  • 妊娠中や授乳中は控えること

 

などを心がけてください。

page top