セルノート(バストクリーム)は40代、50代にも効果がある?

40代以上でもセルノートの効果はある?失敗しないおすすめバストケア方法

バストクリームのセルノートが人気ですが、40代、50代にも効果があるかどうか気になりますよね。

 

「ホルモンの活動が活発な20代をすぎるとバストケアの効果は出にくいんじゃないか…」という声も少なくありませんが、セルノートを実際に使った人の口コミや評判を見ると、効果は期待できるでしょう。

 

実感している40代以上は複合的なバストケアをしている

 

変化を実感できた人は、セルノートでのマッサージの他に栄養補給や運動を続け、サプリメントを摂取したりナイトブラを使用したりしているというケースが多かったです。

 

逆に、セルノートを使用してもその他のケアを行わなかった40代以上の女性からは、胸が垂れるという意見がありました。たしかに大きくはなっているが、胸の形を維持できなかったというケースです。

 

このように、栄養補給やナイトブラなど胸の形をキープするなど、日常から胸に関していろいろな方向からケアを行っている40代、50代の女性の場合は、良い変化を実感しているようです。

 

参考:話題のナイトブラ「ふわっとマシュマロブラ」の人気の秘密

 

女性ホルモンの分泌量が減るとマッサージだけでは厳しい?

 

40代以上でもセルノートの効果はある?失敗しないおすすめバストケア方法

 

セルノートを使用してマッサージだけ行っている場合は注意してください。

 

10代や20代ならば形まで気にする必要はないかもしれません。しかし、年齢とともにクーパー靭帯のゆるみや女性ホルモンの分泌量が減っていくため、セルノートでのマッサージだけではボリュームアップは期待できても、ハリや形などで理想のバストになりにくいでしょう。

 

バストのボリュームアップに加え美バストを維持することを考えると、バストの構造から「元々胸の周囲に脂肪がないと胸を大きくしたり形を安定させることができないのでは?」と疑問に思うかもしれません。

 

一般的に、バストが元々小さく胸の周囲に脂肪が少ない場合は、適切なバストケアによってボリュームアップに時間はかかるが胸が垂れるのは防げます。

 

反対に、胸の周囲に脂肪がある人は胸を大きくすることはスムーズだが、大きくなるとその胸の形を維持することが難しくなります。

 

そのため、理想の美バストを手に入れるためには、年齢に加え胸の形や周辺の脂肪量なども考える必要があります。

 

少し面倒かもしれませんが、今の胸部の状態をしっかり把握しておくことで、より適切なバストケアができるようになります。

 

40代以上のおすすめのバストケア

 

40代、50代の女性がセルノートの効果を最大限に利用するためには、体の内側と外側からのケアを心がけましょう。

 

日常の食生活では大豆製品などたんぱく質の多い食材を用い、脇周辺をよく動かすウォーキングなどの運動を行います。

 

そしてセルノートでのマッサージや、胸の形を維持するクーパー靭帯をキープするためのナイトブラの使用、サイズにあったブラジャーの選択などが大切です。

 

そうすることで、胸の大きさで悩んでいても、ボリュームアップをさせながら形もよくすることが期待できるでしょう。

 

page top