セルノート(バストクリーム)はAAAカップにも効果がある?

AAAカップからの卒業はセルノートだけでは難しい?バストケアのコツ

人気のバストクリーム「セルノート」ですが、「AAAカップでも塗ったら効果がある?」と気になっている人もいます。

 

AAAカップの場合、バスト周辺の脂肪が少なかったり乳腺の発達がしにくかったりするため、バストクリームだけでは高い効果は得にくいと言えるでしょう。そのため、別のアプローチを加える必要があります。

 

セルノートだけでは難しい

 

AAAカップからの卒業はセルノートだけでは難しい?バストケアのコツ

 

セルノートは、ふっくらボディーや女性らしさをサポートする成分を配合したバストケアクリームですが、AAAカップがセルノートを使用するだけでDカップやEカップになることは難しいでしょう。AAAカップの人のバストアップのためには、セルノートを使用するだけでなく、マッサージをしたり、栄養補給に気をつけたりする必要があります。

 

栄養補給で女性ホルモンを活性化

 

バストアップのためには女性ホルモンの力が必要です。女性ホルモンは、乳腺を増やしたり、乳腺を発達させたりする働きがあり、膨らんだバストは女性ホルモンの働きによって作られます。

 

大豆には女性ホルモン様物質のイソフラボンが含まれています。納豆1パック(45g)に約36mg、豆乳(1本200ml)に約41mg、木綿豆腐(1/2丁150g)に約42mg、絹ごし豆腐(1/2丁150g)に約38mg、イソフラボンが含まれています。

 

イソフラボンの1日の摂取目安量は75mgとされています。サプリメントで摂取をすると過剰症の心配があるといわれていますが、食品の場合は大豆製品を多く摂取しても問題ないとされています。さまざまな大豆製品があるので、普段の食事でいろいろな大豆製品を食べると、イソフラボンを上手に摂ることができます。

 

食事から摂取した栄養素やホルモンは血液によって必要な場所に運ばれています。つまり、必要な場所に届けるために血流をよくする必要があるのです。

 

ビタミンEは血行促進をサポートする栄養素です。かぼちゃ、ナッツ、オリーブオイル、アボカドなどに多く含まれています。ビタミンEは脂溶性ビタミンで油と一緒に摂取をすると吸収がよくなります。

 

睡眠時間を確保する

 

女性ホルモンの分泌のためには、しっかりと睡眠時間を確保することも重要です。

 

女性ホルモンは脳の視床下部という部位によって分泌が調整されています。視床下部は睡眠不足に弱い部位で、睡眠不足が続くと女性ホルモンの分泌に影響を与える可能性があります。

 

遅くても夜の12時までには眠るようにして、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

 

夜間のバストケアを怠らない

 

睡眠時の体の働きを最大限に活かすためには、眠っている間のバストケアも重要です。そのためには、ナイトブラの使用をおすすめします。

 

「AAAカップだからナイトブラは必要ないんじゃ?」と疑問に思う人もいるでしょう。しかし、しっかりバストケアをしないと、バストの成長を妨げるだけでなく年齢とともにバストの形が崩れるリスクもあります。

 

日頃からセルノートを使ったマッサージや栄養補給を続けて理想のバストに近づいたと思っても、形が崩れて垂れてしまった、横に広がってしまったなんてことのないようにしたいものです。

 

内側と外側からのバストケアを心がけましょう。

 

参考:話題のナイトブラ「ふわっとマシュマロブラ」とは?

 

マッサージを欠かさず行う

 

マッサージにも血流をよくする働きがあります。バスト周りを中心のマッサージをしてみましょう。

 

脇の下からバストの中央に向かってなでさすります。次にバストの下から外側のふくらみに沿って上に向かってなでさすります。これを数回行います。

 

マッサージをする際にクリームを使うと手の滑りがよくなり、マッサージを行いやすくなります。また、クリームによってなでるときの摩擦が抑えられ、肌への負担が軽減します。セルノートを塗ってマッサージをするとよいでしょう。

 

 

このように、AAAカップの場合は、複合的なアプローチをすることが大切です。

 

セルノートによるバストケアはその一助になります。それに加え、栄養補給や夜間のバストケアなども重要です。

 

理想のバストに近づくためには、根気よく続けましょう。

 

page top